最新ミニボックス「フレイム・オブ・ザ・タイラント」に収録されているSR以上のカードを軽く評価してみた。


◆評価基準◆
基本的にはランク戦での性能第一。とくに、このゲームは《突撃指令》が最重要カードなので、それとの相性は特に重視している。
ただし、強いだけが遊戯王じゃないのは覚えておいて。


《タイラント・ドラゴン》★★☆☆☆
・《ドラゴンを呼ぶ笛》から出したい新たなドラゴン族のエース。
自身を対象にする罠を無効ということで《道連れ》こそ効かないが、他の除去やバットリには無防備なので、今の環境ではあまり期待できない。

《リグラス・リーパー》★★★☆☆
・今回の新弾は炎属性モンスターが本格的に登場した弾でもある。それはつまり、各種エレメントモンスターが真の性能を発揮出来るかもしれない日が来たということだ。そんな炎属性として手軽に使いやすいのがこのカード。
戦闘で破壊されても相手の攻撃力を下げるので、残ってもやられてもしっかり打点をサポート出来る。

《エレクトロ軍曹》★★★☆☆
・こちらも使いやすい炎属性。
伏せ封じ能力で相手の計算を狂わせられれば、それだけで勝てるゲームも多いだろう。もしこれから流行るなら、採用する除去カードを再考する必要がある。

《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》★☆☆☆☆
・場持ちも悪く、基本的には使いにくい部類の1枚。

《冥界の使者》★★☆☆☆
・今まで、下級バニラ最高打点と言われながらイマイチ使い所のなかった《ジェリービーンズマン》をサーチできる。自身も悪魔族なので《闇》のサポートを受けてそこそこの打点に。
初心者が意味不明に《ジェリービーンズマン》入れてるとそれをサーチさせてしまうのが難点。

《魔道化リジョン》★★★★★
・魔法使い族限定でアドバンス召喚権を増やし、墓地に送られることで魔法使い族バニラをサーチorサルベージできる。
テンポ面でもアドバンテージ面でもアドバンス召喚の弱い部分をしっかりカバー出来ているのでかなり期待したいところ。パートナー第一候補はやはり《ブラック・マジシャン・ガール》。
魔法使い族バニラをしっかり供給出来るので、《突撃指令》を無理なく使えるのもグッド。

《ウォーム・ワーム》★★★★☆
・本格的なデッキ破壊戦略が成立するのではないかと期待させる高スペックカード。わずか20枚のデッキにはよく刺さる。
《リグレット・リボーン》《浅すぎた墓穴》できっちり使いまわしていこう。

《創造の代行者 ヴィーナス》★★★☆☆
・《突撃指令》で撃て!《玉砕指令》もいいぞ!!

《浅すぎた墓穴》★★★☆☆
・さっき《ウォーム・ワーム》のところでフライング紹介したが、フェアな勝負をせずキーカードを使い回すデッキが組めるならお呼びが掛かる1枚。
あるいは《逆ギレパンダ》の打点サポートに。

《フリッグのリンゴ》★★☆☆☆
・AIに使われてイライラするカードランキング上位常連がついに実装。
実際自分で使うかと言われると微妙なラインの性能だが、相手を攻撃する際にはしっかり意識しておこう。
何気に悪魔族なので《闇》で強化される。殴って来た相手にやり返せるぞ。






プロフィール

HN:はったー
名古屋でカードしてるカードショップ店員。
遊戯王とゼクスを中心に、カード関係の話題なら何でも頭を突っ込みます。

ツイッターやってます。更新情報おしらせします!