早くも登場した大型第二弾「ネオインパクト」のカードリストから、注目カードをピックアップ!


《破滅の魔王ガーランドルフ》
今回、個人的に最も高評価なURはこのガーランドルフ。とにかく、出しただけで仕事が完了するので儀式召喚の手間に見合った破壊力を持っていると言える。
儀式サポートである《センジュ・ゴッド》も追加され、その上このような強力な切り札まで登場した儀式デッキは、新環境で存在感を放ちそうだ。
☆7ということで、一緒に《リボルバー・ドラゴン》をデッキに入れたい。

《ハーフ・シャット》
基本的には自分のモンスターを守る役割で使うことになるだろう。ダメステで発動可能なので、各種「霊使い」をリバースさせながらこのカードで守って効果を通す、というのは強力そうだ。
同じく追加された《砂漠の光》と合わせて、「霊使い」デッキを組んでみたくなる。その場合は、しっかりと環境を読んだ上で、どの霊使いを採用するかを考えよう。
また、相手の《黄泉へ渡る船》が特攻してきたタイミングで使うと大ダメージを狙えるぞ。返しのターンでさらに追い討ちしてやろう。

《スタンピング・クラッシュ》
セットされている魔法罠カードを破壊できるカードはこのカードのみなので、非常に強力だ。今まで通りに《道連れ》を伏せていたらこれで破壊されてプラン崩壊、なんてシーンも増えるだろう。
肝心のドラゴン族に使いやすいカードが少ないのはネック。同じく新規の《ドル・ドラ》はいいパートナーになりそうだ。


《龍脈に潜む者》
すごく使いやすいドラゴンいたわ。
《強欲なカケラ》+《山》で攻撃力2000に達するので、海馬デッキの新しいエースアタッカーがついに見つかったか。
あるいは、スキルで《トゥーン・ワールド》を発動出来るペガサスで使うのも良さそうだ。当然、《ツイスター》に狙われるので対策しておこう。
《カイザー・シーホース》
2体分のリリースに出来るサイクルの光担当だが、なんとこいつは海竜族。つまり、《海》で強化されるのだ。梶木漁太がまさかの1900アタッカー獲得である。
《大波小波》に使えないのは痛いが、検討に値する性能だ。

《凡人の施し》
みんな大好きドローソース。デッキに一定枚数通常モンスターが必要なので、凶悪なコンボデッキを回転させてしまう、ということはなさそう。
《ウェポン・サモナー》でサーチした《王室前のガーディアン》を有効牌に変換したい。

《闇の住人シャドウキラー》
条件付とはいえ1400のダイレクトアタッカーはかなり強力。《イタクァの暴風》《アヌビスの呪い》と駆使して相手の攻撃を防ぎながらダメージを稼ぐバーンデッキに期待が膨らむ。
しかも、悪魔族なので《闇》で強化も出来る。
《重力の斧-グラール》で表示形式を固定してあげるとオシャレ。強いかはわからない。


最後に、今回のSR以上のカードを個人的な評価順にざっくり並べておくのでBOXリセットの参考にしてほしい。

・絶対に欲しい
《破滅の魔王ガーランドルフ》
《センジュ・ゴッド》
《ハーフ・シャット》
《カイザー・シーホース》
《ドル・ドラ》
・かなり有用
《救世の美神ノースウェムコ》
《スタンピング・クラッシュ》
《ダブル・コストン》
《白竜の聖騎士》
《龍脈に潜む者》
《リグレット・リボーン》
《マジシャンズ・サークル》
・並
《メテオ・ブラック・ドラゴン》
《銀幕の鏡壁》
《儀式魔人プレコグスター》
《儀式魔人ディザーズ》
《ジェリービーンズマン》
《重力の斧-グラール》
・回収を諦めても問題ない
《黒いペンダント》
《銀幕の鏡壁》
《レオンタウロス》
《一刀両断侍》
《流星の弓-シール》






プロフィール

HN:はったー
名古屋でカードしてるカードショップ店員。
遊戯王とゼクスを中心に、カード関係の話題なら何でも頭を突っ込みます。

ツイッターやってます。更新情報おしらせします!