新新・今週の一枚

























今週は最新弾『真紅の戦乙女』から。おそらく最も安価なSRをピックアップ。
しかしこいつ、なかなかやりますぜ。


Z/X -Zillions of enemy X- 第10弾 真紅の戦乙女 20パック入りBOX(BOX封入特典スリーブ 付)[ブロッコリー]《取り寄せ※暫定》【あみあみ】



《悠久の輪廻ウロボロス》白7
ゼクス/セイクリッドビースト/P10500
[自]このカードがあなたのメインフェイズに登場した時、あなたのトラッシュにあるコスト4以下のゼクスを3枚まで選び、好きな順番でデッキの上に戻してよい。

真紅の戦乙女で収録された、セイクリッドビーストのSRだ。登場時にトラッシュからカードをデッキトップに戻す効果を持っている。
タイミングがメインフェイズに限定されているので、ダンサーで釣り上げてIGラッシュ、というような使い方はできない。必然的に、積み込んだ3枚のうち2枚はドローすることになる。

コスト4以下までのカードしか積みこめないということで、このカードが登場するような中盤戦移行ではやや物足りないパワーのカードを再利用しても仕方ない場面も多い。それがこのカードの評価の低さ、価格の低さに結びついているのだろう。

そんな中で、能力を有効に生かせるデッキの一例としてマーメイドデッキが挙げられる。
圧倒的な攻撃力を誇るヴェルテ+フロートのコンビをトップに戻して再利用しながらIGを確定させられる。
加えてIGまで確定させられるのだから、盤面にも2点くらいなら強引に奪う体制が整う。
仕込むIGをシェラハトにして、打点を用意しながらもう一枚のフロートまで回収できたのなら、もうそれは勝ったと言い張っていいのでは無いだろうか。
7コストのウロボロスから、4ヴェルテ2フロート2フロートで8コストと、綺麗にマナカーブもつながる理想的なアクションだ。
シェラハトでVB枠が食われるのが気になるなら、絶賛配布中のロリータコで枠を用意することも可能だ。

多くのデッキに入るカードでないことは、残念ながら否定できないだろう。
それでも、ウロボロスは強力なカードだ。これもまた否定できない事実だ。













プロフィール

HN:はったー
名古屋でカードしてる大学生。
遊戯王とゼクスを中心に、カード関係の話題なら何でも頭を突っ込みます。

ツイッターやってます。更新情報おしらせします!