先生


















遊戯王とMTG。
遊戯王がマネしただけあって似ているルールも多いが、その細かい部分の差異をしっかり覚えておきたいところ。
逆に言えば、違うところだけ覚えれば遊戯王からスムーズにMTGが覚えられるのでは?

マジック:ザ・ギャザリング 運命再編 ブースターパック(日本語) 36パック入りBOX[Wizards of the Coast]《01月予約》【あみあみ】





■永続魔法とエンチャント

MTGと遊戯王にはルールの類似点が数多くあるが、永続魔法とエンチャントもその一つと言えるだろう。
というよりも、永続魔法は明らかにエンチャントを意識してデザインされているカードだ。


それぞれゲーム上のルーリングでも、この2つのカードは非常に似た挙動をとる。


○同じところ
・発動後、場に残って効果を発揮し続ける。
・常在型能力を持つカードの場合、基本的に場にある間効果を適用し、場を離れたと同時に適用されなくなる。

しかし、遊戯王の永続魔法には、エンチャントにはない特徴がある。
それは「場を離れると効果が無効になる」という特性だ。
一見すると、先述した常在型能力の話のようにも思えるが、永続魔法の場合は起動型能力や誘発型能力にまでこれが適用されるのだ。

○違うところ
・起動型能力、誘発型能力をもつ永続魔法が効果を発動した場合に、その発動にチェーンして破壊された場合、効果は無効となる。
・起動型能力。誘発型能力を持つエンチャントが効果を発動した場合に、その発動に対応して破壊された場合、能力はスタック上にそのまま残っているので解決される。


例:あなたが永続魔法《軽量化》の効果を発動した際に、チェーンして《サイクロン》で破壊された場合、場を離れた《軽量化》の効果は無効になる。よって効果は処理されない。

あなたがエンチャント《ネクロポーテンス》の能力を起動した際に、対応して《帰化》で破壊された場合、《ネクロポーテンス》は場を離れたが能力自体はスタック上で残っているのでそのまま解決する。


この違いは遊戯王に慣れていると勘違いしやすい部分なので、しっかりと覚えておいた方がよさそうですね。


 




プロフィール

HN:はったー
名古屋でカードしてる大学生。
遊戯王とゼクスを中心に、カード関係の話題なら何でも頭を突っ込みます。

ツイッターやってます。更新情報おしらせします!