bouncing-159517_640













後攻時のカウンターに効果を発揮するロザリーシステムの解説。


 PR【イベント・BOS限定】Z/X -Zillions of enemy X- NC DramaCD (1)「超鋼神器ローレンシウム」 (ご予約商品です。) 
■後攻ロザリーシステムとは

後攻プレイヤーの戦略。
臨戦態勢のアサギと魔王の一人娘ロザリーの2枚による、バウンス効果を駆使してダメージを防ぐプランである。

ゼクスのゲームに置いて、後攻プレイヤーの第1ターンはほとんどの場合、先の相手のターンに出された3コストゼクスに対処することのみのアクションとなる。
ここで、同じく3コストで対抗した場合、相手のIGODが成功した時にダメージを受けてしまうことがある。
後攻ロザリーシステムはこれを防ぐことが可能である。

ロザリーの効果でバウンスするので、相手にチャージを与えないで済む。また、ロザリーのコストは2なので、返しのターンに臨戦態勢アサギの能力を使う余裕が残る。これによって、相手がどのような展開を行ってきても、ダメージを受けずにやり過ごすことが出来る。

相手が4コストゼクスを出してきた場合
⇒ロザリーで受ける。

相手が3コストゼクスを出してきた場合
⇒アサギでバウンスする。

相手が2コスト2枚を出してきた場合
⇒片方バウンス、片方をロザリーで受ける。


このうち、3コストゼクスの場合はロザリーが無傷でPSに残るので、返しのターンから攻撃に転ずることが可能になる。
つまり、相手としては4コストゼクスか、2コストゼクス2枚で攻めたいところだ。
2コストゼクス2枚を手札に握るというのはそれなりにレアケースなので、ほとんどの場合が4コストゼクスでの攻撃を狙うだろう。


■発展系:企みロザリーシステム

ロザリーシステムの発展系として、企みロザリーシステムというのもある。
上記のアサギ+ロザリーに加えて、手札に密かな企みを控えておくシステムだ。

企みは4コストゼクスまでバウンスできるようになるので、攻撃に転ずるチャンスが更に広がるのだ。 
2コスト2枚には対応できないが、切り捨てても問題ない程度のレアケースだ。
企み自体が非常に強力な、汎用性の高いイベントカードなので、すんなりデッキに入るのも嬉しいところだ。


■ロザリーシステムの弱点

強力なロザリーシステムだが、弱点もいくつかある。

1.ロザリーは後半役割を失う
ロザリーの能力で戻せるゼクスは3コストまで、しかも自分PS周辺の範囲だけである。
打点も低いので、後半にもつれ込むにしたがって役割を失い、腐っていく傾向がある。
なお、ペンギンイェーガーを採用しているデッキでなら、その能力でカバーできる。

2.アヴィオールに弱い
最初のアサギをアヴィオールで戻されてしまうと、ロザリーシステムを構成する前提条件から崩れてしまう。
後攻0ターンの企みで戻すか、あるいは一旦ロザリーで戻してから企みロザリーを構えることで一応カバーは可能である。どちらにせよ、企みが引けていなければ辛い状況に追い込まれるだろう。

3.先攻で意味がない
後攻用のシステムなので、当然ながら先攻時には機能しない。
後攻でなら強力なロザリーも、先攻で攻める際にはパワーが低すぎて使いにくい。
素直に5000バニラ目指してマリガンを行うべきだろう。

■実際に搭載したデッキ

【青単アサギムーブ】

アサギを中心とした速攻デッキ。
少しでも早く攻撃に移れるように、後攻からの巻き返しプランとして企みロザリーシステムを採用している。

5,6コスト帯のゼクスのパワーが高いので、これらで相手PSをこじ開けた後にダメージを取りに行ける、2コストゼクスの需要が高いデッキでもある。
ロザリーの後半の役割をここに持ってくることで、無駄になる場面を少しでも減らした形だ。 
相手が対抗して速攻をかけてきた場合にも、PS周りの相手ゼクスを手札へ戻しながらの攻撃を実現した。
戦略や他のカードとのシナジーで、攻守両面を見られるカードへと化けた。 



■まとめ

早いターンからアグレッシブに攻撃を仕掛けたいデッキに向いているロザリーシステム。
デッキに搭載できるかの基準点としては、「2コストゼクスがほしいか」当たりが判断基準になるのではないか。
ロザリーはSRにしてはシングル価格も落ち着いているので入手は容易だろう。
EXブースター「日本一ソフトウェア」は生産終了しているので、値段が上がり過ぎないうちに確保しておくのがオススメだ。 
また、8弾で登場する新カード、スラッシュクロー ドゥーベも同じような状況を構築できるカードだ。

《スラッシュクロー ドゥーベ》
青/コスト2/バトルドレス/P3000
[自]VB
[自]このカードが登場した時、このカードをスリープしてもよい。スリープしたならば、ノーマルスクエアにある相手のパワー5000以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。


登場時に自身をスリープすることで、パワー5000のゼクスをバウンスできる2コスト3000VBのゼクスだ。
VBということで、デッキに素直に入りやすいカードだ。ロザリーとの使い分けは、VBの枠と、攻撃できることがどれだけ重要か、の2点で検討したい。
 


 
プロフィール

HN:はったー
名古屋でカードしてる大学生。
遊戯王とゼクスを中心に、カード関係の話題なら何でも頭を突っ込みます。

ツイッターやってます。更新情報おしらせします!