キマママイン

はったーがTCGについてキママに書いていくブログ

はったーの『今週の一枚』《式神ブゥ》


《式神ブゥ》
自然 ワンダートリック
コスト3 パワー2000
効果: G.0―バトルゾーンにホーンビーストが一体でもいれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。


 2回目の『今週の一枚』はDMからの紹介。はったーのフェイバリットカードである《式神ブゥ》。
要するにG−0があるだけの準バニラ下級クリーチャーですが、これがなかなか仕事をするのです。その理由は「ホーンビーストとシナジーがあるから」です。たとえば、同じG.0である《パラダイス・アロマ》は、サイバーロードのクリーチャーとともに進化速攻の種として活躍し、結果殿堂カードに指定されました。同じG.0の《巡礼者ウェビウス》は《知識の精霊ロード・リエス》とのシナジーが注目されました。一方では《マッド・ギター》《北風の騎手フォッカー》は目立った活躍をしていません。この差がどこから来るのか。それはG.0条件となるカードとのシナジーです。そしてブゥは明らかに前者であるといえる。
 具体的な例をあげよう。《鳴動するギガ・ホーン》を召喚。そして効果でブゥをサーチしよう。G.0能力を使えばたとえマナが不足していてもそのまま召喚できる。他にも紹介しよう、《突進するシシガミ・ホーン》は3マナでパワーが1000と、単体では非力なクリーチャーだ。しかし、味方のクリーチャー一体につき2000パワーが上昇し、6000を超えるとWブレイカーを得る。こいつもホーン・ビーストなのでブゥが強力に能力をサポートするだろう。
 もう一つの強力な点は、進化先の《護法僧リョクドウ》が優秀な進化クリーチャーであることである。そして、G.0という能力は進化元にするのにもとても都合がいいのだ。リョクドウの効果で追加のブゥを持ってきてさらに展開できるシナジーを持つ。

シンプルなテキストながらまさに変幻自在のワンダー・トリック。
こういうカードを使いこなすとかっこいいよー。

魔女抜きの魔女ってどうなるの?【魔女ファルコン】


要するに、「フォーチュンレディ抜きのカトブレパスってどうなるの?」って事。こうなるの。


【魔女ふぁるこん】
モンスター(22枚)
神獣王バルバロス×3枚
終末の騎士×2枚
霞の谷のファルコン×3枚
モンタージュ・ドラゴン
トラゴエディア×2枚
ザ・カリキュレーター×2枚
カトブレパスと運命の魔女×3枚
E・HERO エアーマン
D−HERO ドレッドガイ×3枚
D−HERO ダッシュガイ
BF−精鋭のゼピュロス


魔法(15枚)
増援
死者蘇生
異次元からの埋葬
闇の誘惑
フューチャー・ヴィジョン×3枚
トレード・イン×2枚
テラ・フォーミング×2枚
デステニー・ドロー×2枚
サイクロン×2枚


罠(3枚)
安全地帯×2枚
サンダー・ブレイク


エクストラデッキ
CNo.39 希望皇ホープレイ
No.39 希望皇ホープ×2枚
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ×2枚
ガチガチガンテツ×2枚
カチコチドラゴン
ジェムナイト・パール
ダイガスタ・エメラル
ダイガスタ・フェニクス
ラヴァルバル・チェイン
発条機甲ゼンマイスター

キメラテック・フォートレス・ドラゴン

フォーチュンレディ抜きでカトブレパスを使う実験作。フォーチュンレディを抜いたおかげでバウンスコントロールの要素を持たせるスペースを作り上げた。その分の「?モンスター」をいかに供給するかの問題は、過去からエグゾなどドローターボ系デッキで使用されてきた、「☆8のD-HEROは3種のドロソに対応している。」ステータスを利用。?を墓地に落としながら強引にデッキを回転させる。
勝ち筋としてはヴィジョンとカトブレパスとで相手の召喚をロックしつつ殴りきる。下級の攻撃力が高いので、ロックし続けなくてはならない時間があまり長くないのがミソだ。負け筋としては手札事故。5〜6回に一回くらいは覚悟しとくべき。ひどい事故率だ。ただ、最悪ふつうに下級ビートでも勝てなくはないのであきらめないように。あまり安定性の高いデッキにはまだ仕上がってないので大会に意気揚揚と乗り込むのはオススメしない。友人相手に、「変なデッキだよ」くらいのノリで回すのがオススメ。

《インヴェルズ・ローチ》
第2のカトブレパス。範囲はカトブレパスより狭いが、効果自体は強力なのでこいつを突っ立てといてもよい。攻撃力も地味に100高い。


《安全地帯》
お前は安全地帯大好きか!!と言われたら、大好きだ!!とはったーは答えます。ファルコンとのコンボ以外でもカトブレパスやローチを元ネタよろしく相手の眼前に据え置いてやれる嫌がらせ系カード。ただし風でなびく。

《D-HERO ドレッド・ガイ》
出す気はゼロ。手札コストにしてカトブレパスの効果を使おう。

皇帝戦【遊戯王ver】


MTGの多人数対戦ルールの一つ、《皇帝戦》。これを遊戯王とDMでも遊べないかと考える。
■そもそも皇帝戦ってなによ?
◇MTGの多人数対戦の変種ルールの一つ。3人一組のチーム戦で、1チームは皇帝1名と将軍2名で構成される。この皇帝の勝敗がそのままチームの勝敗になります。お互いに下の図のように座って、どちらかの皇帝から左回りでターンを開始します。

(図 2チームによる対戦の場合)
 
VS

 
◇このルールではそれぞれのプレイヤーに影響範囲というものが設定されています。影響範囲というのは簡単に言うと、自分のコントロールしているカードの効果などの影響が及ぶ範囲です。影響範囲1ならば自分の両隣1名までは自分の影響範囲です。皇帝戦では将軍は影響範囲1、皇帝は影響範囲2が設定されています。上の図で例を出すとすると、赤チームの左端の将軍が《ブラック・ホール》を発動した場合、影響範囲が1なので、発動したプレイヤーの両隣、今回なら正面の青将軍と自分(赤将軍)、そして赤皇帝の3名のプレイヤーのフィールドが《ブラック・ホール》の効果を受ける。また、ゲームに勝利する効果はすべて代わりに効果範囲内のすべての相手チームプレイヤーが敗北する効果に置き換えられます。上の図で赤皇帝が《封印されしエグゾディア》を手札に5枚そろえた場合、青将軍が2名とも敗北します。この場合、青皇帝は敗北していないのでゲームは続行されます。(今回は例としてわかりやすい遊戯王のカードを使用しましたが、まだMTGの皇帝戦のルール説明です。ややこしいですね。
◇すべてのプレイヤーは自分が隣接している相手プレイヤーにのみ攻撃が可能です。要するに最初の状態じゃ皇帝は攻撃できません。
◇クリーチャー配置ルールを適用する。クリーチャー配置ルールとは、すべてのクリーチャーに「(T):チームメイト1人を対象とする。そのプレイヤーはこのクリーチャーのコントロールを得る。この能力はソーサリーが唱えられるときにのみ起動できる。」という能力を付加するルールである。

こんな感じに、お互いの皇帝を守りながら相手の皇帝を陥落させることを狙うルールです。これがなかなか楽しい遊び方なので他のTCGでもできないものかと考えたのですよ。DMならほとんどそのままのルールでも遊べそうですよ。流石MTG兄さん。懐が深いっす。
問題は遊戯王。最大の問題は「クリーチャー配置」。何せ遊戯王にはタップも召喚酔いもない。安直に表示形式変更とかにしたらすごい早さでモンスターが移動していってしまう。ならば遊戯王でよく使われるコストといえば・・・
〇手札を捨てる
〇墓地を除外する
〇フィールドのモンスターを次のターンまで除外する
〇攻撃力、守備力を下げる
〇効果を無効にする
〇攻撃を放棄する
〇特殊召喚or通常召喚を放棄する

こんなもんかな。なかなかに悪用されそうなのがズラリと並んでるな・・。比較的使えそうなのは下二つくらいか。これに召喚されたターンは使用できないってルールを付け足せば比較的ましなバランスになりそうだ。でもまだ問題はある。このルールはあくまでもクリーチャーに能力を付加するルールである。通常モンスターであることも重要な場合がある遊戯王だとそこはかなりネックだ。王者の看破なんか使いようがなくなってしまう。かといって単なるルールにしてしまうと無効にできなくなってしまう・・・。これはちょっと難しいな。通常モンスターサポートをあきらめるしかないのか・・・。それとも不可侵の行動を作り上げるのか・・・。いっそオリカの通常魔法でも作った方がいいのかも。もしオリカにするのなら罠バージョンとか作ったらそれはそれでMTGにはない遊び方ができそうで面白そうだな。
他にも面白い変則ルールがあったら遊んでみたいね。アイデア募集してマース。





遊戯王で双頭巨人戦はやめた方がいい。くそげー

最近のDMのカード名


最近いろんな意味でぶっ飛んできているDM。その中でも異様さを放っているのがカード名。はったー的にはそこまで嫌いでもなかったりするんです。




 《ブラック・WILLOEW・カイザー》+《レッド・ABYTHEN・カイザー》+《ホワイト・TENMTH・カイザー》
=《シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン》

 《小結 座美の花》+《大関 地男の里》+《横綱 義留の富士》
=《雲竜ディス・イズ・大横綱》

《鬼神!!ヴァルボーグなう》

最近のDMのカードにはこんな感じの名前のカードがちらほらといます。(もちろん、今まで通りなコロコロスピリットが爆発した名前もちゃんとあります。《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》とか。)はったーは割と好きです。↑の例で言えば最初の二つは正直すきです。「なう」は流石になえますけど。しかし、ネットではダサいとか、ふざけ過ぎとか、割と批判的な意見の方がよく見かけると思います。実際のメインテーゲットであるローエイジたちはどう思ってるのか気になるところですね。たぶん「ディス!!イーーーズ・・・大横綱ーーー!!」とか言ってわいわい楽しんでると思うんですけどね。正直そこが喜ぶかどうかがDM的には一番大事なんですよねー。

・・・せっかくだし名古屋デッキでも組もうかな、そのうち・・。

ヴェルズについていろいろ


最近のデッキで一番お気に入りのヴェルズ。
こいつらについて気ままに書いてみる。


DT13で新たに登場したカテゴリー「ヴェルズ」。
カテゴリーとしての特徴は非常に乏しい。共通点といえば、攻守の下2桁が50なことと、下級モンスターはすべて☆4ということくらいか。
サポートカードとしては《侵略の侵喰感染》があるのみ。ますます統一感のないテーマである。最近のテーマのシナジーの強力さを考えるとまるで5年くらい前に作られたのかと思うくらいのオールドスケールである。ただ、各々のカードに性能が100%光る場面が用意されており、それを侵喰感染でサポートするという意味ではむしろかなり美しいシナジーの部類に入るともいえるかな。

回していて思うのは手札消費の激しさ。モンスターを魔法のように投げ捨てていく場面もあるのでそこはやはり厳しい。兎型ならある程度は緩和されるんだろうが今度はラギアに主役を取られてしまう押しの弱さ。反面、能力のシンプルなカードが多いので立ち回り方ひとつで相手を思いっきりおさえこめたりするのは快感でもある。コントロールデッキが好きな方にはオススメである。

現時点のヴェルズの、テーマとしてのデザインは、
1.特殊召喚効果を持つマンドラゴと、破壊に対してけん制できるザッハークを利用しての★4エクシーズ
2.侵喰感染とオランタ、カイトスを用いたコントロール
の二つが大きな軸だろうか。その方向性で強化されていくなら何としても克服したい弱点は手札消費。現在は兎を使わずに切り札であるバハムート出して効果を使用すると、それだけで手札のヴェルズを3枚消費している。そのあとでは侵喰感染すらろくに使えない。
もし、こんなカードがあったら・・・
《ヴェルズい出のブランコ》
魔法・通常
墓地の闇属性で攻撃力と守備力の下2ケタが50のモンスターを一体選んで発動。そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

あるいは
《ヴェルズよりの軍勢》
罠・通常
墓地の闇属性で攻撃力と守備力の下2ケタが50のモンスターを2体選んで発動。選んだモンスターを手札に加える。

リアニかサルベージ、どっちかあれば大化けするんだよなぁ・・。
流石に《ヴェルズマスター》を出せとは言わないから、お願いします。

そんな感じの職人集団ヴェルズ。DT14に期待しつつ今日も明日も練りこみまする。
hatter@bowsee
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
ほしい物リスト
ほしい物リスト
アマゾンのやつ
最新コメント